PR

ニュース プレミアム

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】年納めは新外国人「マルテ」に太鼓判

Messenger
ジェフリー・マルテ内野手
ジェフリー・マルテ内野手

 猛虎のマルテに3つの大朗報-。阪神は来季の4番候補、ジェフリー・マルテ内野手(27)と正式契約しました。矢野燿大(あきひろ)新監督(50)は早くも「30発の可能性がある」と開幕から4番・一塁での起用を明言しましたが、来日前から絶大な信頼を寄せるだけの裏付けが3つもあるのです。それは(1)日本の絶対的ストッパーからの一撃(2)ロサリオの轍(てつ)を踏まないデータ(3)大谷翔平の言霊(ことだま)-。2019年シーズンを左右する大砲が期待通りなら阪神の14年ぶりのリーグ優勝も間違いなし。皆の衆、気分良く新年をお迎えください!!

 さあ、いよいよ今年最後のトラ漫遊記です。そして、18年に終わりを告げ、19年の始まる週にこのコラムはアップされているわけですから、新年早々、明るい話題を届けなければならない(?)使命もあるでしょう!?

 ありました。矢野阪神にとっても、優勝を渇望する阪神ファンにとってもこれ以上ない大朗報があったのです。それは新外国人、4番一塁を期待するマルテの大活躍に“太鼓判”を押せる裏付けが、なんとなんと3つもあったのです。

 「実はマルテは新外国人の野手候補とすれば上位から3つ目ぐらいのランクだった。上の2人は交渉がまとまらなかったり、他球団(巨人獲得のビヤヌエバ?)に獲られたり…。でもな、結果論で言うならマルテで収まってよかったんじゃあないか。日本で活躍しそうなデータがあるからな。変な言い方かもしれないが、けがの功名かもしれないぞ」

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ