PR

ニュース プレミアム

立命館大6連覇か 名城大が王座奪取か 富士山女子駅伝30日号砲

Messenger
全日本大学女子駅伝で、3位でゴールする立命館大のアンカー・真部亜樹。富士山女子駅伝では6連覇を目指す=10月、仙台市
全日本大学女子駅伝で、3位でゴールする立命館大のアンカー・真部亜樹。富士山女子駅伝では6連覇を目指す=10月、仙台市

 立命館大は連覇を「6」に伸ばせるか。それとも待ったを掛ける大学が現れるか-。6回目を迎える富士山女子駅伝(富士山本宮浅間大社前発~富士総合運動公園競技場着、7区間43・4キロ)は例年以上に熾烈(しれつ)なレースが展開されそうだ。

 今大会を占ううえで重要な10月の全日本大学女子駅伝(仙台市)で立命館大は3位。昨年は同じ3位から富士の麓で優勝を果たしており、その再現を狙う。

 昨年5連覇を達成したメンバーのうち関紅葉(くれは)(4年)、田中綾乃(3年)がエントリーから外れたものの、チームには加賀山実里、恵奈の双子姉妹(4年)、佐藤成葉(なるは)(3年)ら9月の日本学生対校選手権で入賞を果たした実力者がそろう。「立命館らしい堂々とした走りで日本一を目指す」と主将の加賀山実里。常勝の伝統を力に変えてフィニッシュラインを目指したい。

 対抗の一番手は全日本覇者の名城大だろう。注目は2人の下級生だ。1人目は日本学生対校1万メートル優勝の加世田梨花(2年)。全日本は5区(9・2キロ)で区間2位の好走を見せている。富士山では昨年同様、各大学のエース級が集まる最長の5区(10・5キロ)での起用か。

 もう1人は高松智美ムセンビ(1年)。日本陸連による若手強化選手「ダイヤモンドアスリート」にも指定されている逸材である。身長148センチの小柄なルーキーは6月の日本選手権1500メートルで初優勝を飾ると、日本学生対校は1500メートルと5000メートルの2冠を達成、全日本でも3区(6・8キロ)区間賞と破竹の勢いで結果を出し続けている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ