PR

ニュース プレミアム

【プロが指南 就活の極意】内定ブルーにならないために今から人生を考えよう

Messenger

 (3)短期集中で就職活動を行ってしまった

 「年明けから就職活動を始めよう」「サークルやアルバイトが忙しいから落ち着いてから動こう」と考え、動き出しの遅い学生は特に「内定ブルー」になってしまう印象を受けます。

 本来であればインターンシップに参加したりOB・OG訪問をしたりして、早期から働くイメージをつかんでほしいのですが、その時間を確保できずバタバタ気が付いたら内定をもらっていたなどということもあります。そして、内定後に落ち着いて将来のことを考えたら「内定ブルー」が発生ということが多いです。

 就職活動の目標は“内定をもらうこと”かもしれませんが、内定はゴールではありません。それから長い社会人としてのキャリアが始まるのです。前述したとおり、就職活動は今後の人生を左右するものです。

 目の前のことに注力したくなる気持ちも理解できますが、長期的な視点を持って学生生活・就職活動に臨んでいただきたいと思います。適当な就職活動を行って就職留年や早期退職など後になって後悔することがないように努めてください。「内定塾」講師 齋藤弘透

 ここ十数年で新卒の就職活動も大きく変化してきました。今年は特に変化の年になります!新卒の就職活動は、世の経済状況や世相を反映しやすく、年によって状況が異なります。東京、名古屋、大阪の主要都市を中心に全国12校舎を持つ、就活塾・予備校最大手の「内定塾」講師が、就活事情の最前線をご紹介します。

内定塾:http://www.naitei-jyuku.jp/

内定塾の志望動機:http://www.naitei-shiboudouki.com/

内定塾facebook:https://www.facebook.com/naiteijyuku

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ