PR

ニュース プレミアム

【プロが指南 就活の極意】内定ブルーにならないために今から人生を考えよう

Messenger
合同企業説明会の会場で、資料を丹念に調べるリクルートスーツの学生ら=3月、大阪市住之江区
合同企業説明会の会場で、資料を丹念に調べるリクルートスーツの学生ら=3月、大阪市住之江区

 平成30年もあと僅かとなってきましたが、既に志望業界が定まった人、まだ志望業界が定まっていない人とさまざまだと思います。時間を有効に活用するためには1日でも早く目標を定めることが必要になりますので、早い時期に業界が絞れるように一日一日を無駄にしないで過ごしてください。

 さて、この時期は多くの学生が不安を感じています。「就職活動がうまくいくのか」「本命の企業から内定を獲得できるのか」「企業から評価されるのか」と。安心より不安の感覚が勝ってしまう時期ですが、実は内定を獲得した後も不安を感じることがあるということをご存じですか。それは「内定ブルー」というものです。内定ブルーとは、内定獲得後に「本当にこの会社で良かったのか」と就職先に不安を感じる現象です。

 最近では「内定ブルー」が原因で就職留年をする学生も増えています。今後、何十年も働く企業になるため、不安になるのは仕方ないことですが、なぜ内々定後にそのような気持ちになってしまうのか。今から理解しておくと後悔のない就職活動に近づきますので覚えておきましょう。

 内定ブルーになった学生からは「入社して活躍できるのか」「やりたい仕事ができるのか」「初めての環境になじめるのか」「もっと良い会社があるのではないか」のような声が挙がります。これ以外にも不安な気持ちになってしまう理由は多数存在しますが、共通することは“本当にこの会社で良かったのか”ということです。上記のような感情が生まれる原因として、以下が考えられます。

 (1)憧れだけで業界・企業を見ていた

 「見たこと・聞いたことのある会社だから」「尊敬している先輩がいるから」「何となくカッコイイから」など、憧れだけで業界・企業選びをする学生は多いです。自信がある学生であればよいですが、自信がない学生がこのような業界・企業選びをしてしまうと“本当に自分にあっているのか”不安に感じてしまうことが多いです。

 また、プライドや見えなどが邪魔をして強引に就職活動を進めてしまう学生も内定獲得後に「内定ブルー」に陥ってしまうことが多いです。

 (2)将来のことを漠然と考え過ぎていた

 就職活動の面接の中で「5年後、10年後はどうなっていたいか?」「入社後のキャリアビジョンは?」などを質問されることがあります。就活生は内定欲しさに“受かるための内容”を考え話している傾向があります。そのため、実際に内定をもらったあとに「面接で話したことを将来行うのは不安」「実はやりたいと思っていた仕事ではない」など、ネガティブな感情に襲われてしまうのです。

 面接を受けながら「自分のやりたいこと」が見つかる学生もいますが、その時には他の企業が受けられないということもありますので選考が始まる前に「自分のやりたいこと」を見つける努力をしましょう。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ