PR

ニュース プレミアム

【新欧州分析】英MI6長官が明かす新時代の諜報活動とは

Messenger
12月3日、英スコットランドで講演するMI6のアレックス・ヤンガー長官(AP)
12月3日、英スコットランドで講演するMI6のアレックス・ヤンガー長官(AP)

 英国にコードネーム「c」と言われる人物がいるのをご存じだろうか。映画「007」シリーズのジェームズ・ボンドが所属する英秘密情報部(SIS、通称MI6)の長官である。初代長官、マンスフィールド・スミス・カミング海軍大佐が書簡の最後に「c」と緑のインクで署名するのが常で、以降、歴代長官も「c」の署名を踏襲したためだ。自分の身元情報を明かさず、人物像は厚いベールに包まれてきた。

 「私はスパイである。それ以上でもそれ以下でもない。国民がMI6が何を考え、何をしているかを知ることは死活的に重要だ。よって就任4年目で2回目の講演を行う」

 世界に冠たる情報網や分析力を誇る情報機関のトップで、現職の「c」ことアレックス・ヤンガー氏が3日、スコットランドの母校セントアンドリュース大学で大変まれな講演を行った。その内容を紹介したい。(ロンドン支局長 岡部伸)

■永遠に敵対する国家

 「英国の生活のあり方を破壊しようと狙う国家」-。最初に警戒感を示したのはロシアだった。英南部ソールズベリーで3月に起きた元ロシアスパイ襲撃事件で軍用神経剤を使用したことについて、英国の法や価値観を脅かすことを画策していると指摘、「ロシアはサイバー攻撃から軍事挑発とあらゆる手段を使ってわれわれ西側を不安定化しようとして挑発している」と強調した。

 これは、軍事演習のほかに、英国の欧州連合(EU)離脱をめぐる国民投票や米大統領選挙で偽ニュースやハッキングによる干渉を繰り返し、インフラ攻撃と軍事行動を同時に仕掛けるロシアの「ハイブリッド脅威」を英国が確認しているためだ。またロシアなどはサイバーと現実世界の間の「曖昧なボーダーライン」を狙って攻撃していると強調した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ