PR

ニュース プレミアム

【ニュースの深層】「子供いなくても幸せ」な社会に 女性ら活動、共感の輪広がる

Messenger

 未婚や晩婚、不妊など、さまざまな理由から「子供のいない人生」を歩む女性が増えている。同じ悩みを分かち合う場を設けたり、インターネットや書籍で思いを発信、自身の経験を生かして不妊治療患者のカウンセラーとして活動する人も。「たとえわが子を持たなくても充実した人生を送ることはできる」。それぞれの“幸せの形”を探し続ける姿に、共感の輪が広がっている。(植木裕香子)

 苦悩分かち合い

 11月上旬、東京都内のある会議室に、子供がいない40~50代の女性4人が集まった。

 会合を主催したのは、神奈川県内に住む50代の主婦、奥平紗実さん。晩婚で子供を諦めた経験があり、「直面する苦労を分かち合えれば」と、約3年前から不定期で行っている。これまでに23回を開催。参加者は延べ約130人に達している。

 「自分以外には全員子供がおり、会っても話題は子供のことばかり。ランチに誘われても断っている」。参加者の1人は、以前の勤務先で仲良くなった女性グループと接する際の疎外感を打ち明けた。

 別の女性は、不妊治療をしていた際に「手間をかけてまで子供はいらない。普通に妊娠できる人と再婚する」と夫から言い放たれ、離婚に至った経験を赤裸々に語った。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ