PR

ニュース プレミアム

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】人的補償は誰?…球団は4番獲得を

Messenger
阪神の入団記者会見でポーズをとる西勇輝投手=14日、大阪市内のホテル
阪神の入団記者会見でポーズをとる西勇輝投手=14日、大阪市内のホテル

 “危険地帯”にいるのは投で岩田、石崎、青柳、打では江越、板山らでしょうか。阪神はオリックスからフリーエージェント(FA)宣言した西勇輝投手(28)の獲得に成功。西は今季年俸1億2千万円(推定)でBランクの選手とみられ、オリックスが望めば人的補償を求められます。西との選手契約締結後、阪神は2週間以内に28人のプロテクトリストをオリックス側に提出する運びで、今週中にも人的補償の選手が確定する可能性もあります。金子や西が流失した相手の台所事情を考えれば、投手を求められる可能性が高いですが、ある程度の犠牲は仕方ない話です。阪神は前を向いて最大の懸案を解消するしかありません。

極めて大きい西の加入

 待望の右腕の獲得に沸いたのが12月7日でしたね。オリックスからFA宣言した西を残留を求めるオリックスや獲得に乗り出したソフトバンク、DeNAとの争奪戦を制し、獲得を決めました。最後はこのコラムで書いた通りに矢野燿大(あきひろ)監督(50)が出馬して「阪神入り表明」につなげましたね。

 「新監督に“負け戦”はさせられない」と話していた球団関係者の言葉通り、矢野出馬は阪神の勝利宣言でしたね。

 「FAというのは(選手が)手を挙げた時は九分九厘決まっている。丸の巨人だって、浅村の楽天だって、ウチの西だって…。事前調査で手応えがなければ争奪戦にうって出ないよ」と阪神OBは話していましたが、まさに事前調査の手応え通りの結果でしたね。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ