PR

ニュース プレミアム

【小池知事定例会見録】「地方分権という言葉は死んだ」東京都に不利な与党税制改正大綱決定で

Messenger

 --旧こどもの城(渋谷区)について、渋谷区の長谷部区長との間で会談が行った

 「結論から申し上げますと、旧こどもの城を大切に使っていく、そして、そのためには、まずは国からこどもの城の部分を取得をしていくということについて、合意がなされたところです。使い方については、もともとこどもの城で使われていますし、大変ファンも多いところです。劇場なども、そこで育ったという方、俳優さんなどもいらして、そういうことを考えれば、ああいう子供のための施設が使われないというのは、もったいないことだということであります。ですから、まずは国から取得を行った上で、こどもの城という概念をベースにしながら、どのようにして活用していくかということで、協議会もつくっていきたいと考えております」

 --大きな食い違いはなかった

 「ほぼないですね」

 --ないですね

 「はい、ございません。有効に使っていって、あそこの地域、特に246に面した一等地でございますので、その後も、どういうふうに有効利用するかなども、地元区、隣接区の方々、関係者の方々としっかりと話して、効果のある使い方を目指したい、このように思っています」

 --来週にも、2020年東京オリンピック・パラリンピックのV3予算が発表される

 「今、まさしく最終的な計算といいましょうか、圧縮等々、さまざまな工夫が行われているところでございますけど、基本的にはV2と同水準で収まるということであります。そして、V3だけでなく、次のまたV4もありますので、そこもにらみながら、大会経費全体の予算の作成、引き続き、組織委員会と連携しながら、必要な経費をしっかり見極めながら精査していきたいと考えております」

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ