PR

ニュース プレミアム

【昭和天皇の87年】治安維持法の厳罰化を強行する内閣 天皇は慎重審議を求めた 

Messenger
画=筑紫 直弘
画=筑紫 直弘

第79回 不信

 昭和3年1月28日の歌会始。「山色新」のお題に、昭和天皇はこう詠んだ。

 山やまの 色はあらたに みゆれとも 我まつりこと いかにかあるらむ

 即位間もない昭和天皇の、苦悩の色がうかがえる。

 当時、昭和天皇が憂慮していたのは政治の混乱だ。大日本帝国憲法下における主権者は天皇である。むろん、天皇が直接政治を行うのではなく、首相はじめ各閣僚が全責任を負って輔弼(ほひつ)する。天皇を補弼する首相は、天皇の赤子である全国民に等しく利益を与える政治を行わなければならない。ところが時の首相、田中義一は、その意識が低かった。

 中でも懸念されたのが党利・私欲の情実人事だ。田中は政権につくや、各省次官や府県知事を次々と更迭した(※1)。こうした人事は天皇の名で行われる。昭和天皇は、相次ぐ人事案を黙々と裁可しながら、署名の筆を重く感じていたのではないか。

 2年6月15日、内大臣の牧野伸顕を呼んで言った。

 「最近、官吏の更迭が頻繁で、節度を失していると思う。各省の事務次官を党人本位で更迭するのは、政務次官を別に設けた趣旨に反する。牧野から田中総理に、人事に考慮するよう注意してほしい」

 牧野は、昭和天皇の懸念をもっともなことだと思いつつ、天皇の意思として注意すれば内閣不信任と誤解されかねないので、元老の西園寺公望を通じ、それとなく指摘することにした。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ