PR

ニュース プレミアム

今年も「1000人の金田一耕助」 西日本豪雨から復興願い実現

Messenger
西日本豪雨で被災した家屋の前を練り歩く「1000人の金田一耕助」の参加者ら=11月24日、岡山県倉敷市真備町地区
西日本豪雨で被災した家屋の前を練り歩く「1000人の金田一耕助」の参加者ら=11月24日、岡山県倉敷市真備町地区

 西日本豪雨で甚大な被害を受けた岡山県倉敷市真備町地区は、推理小説の名探偵・金田一耕助の「生誕の地」として知られる。作者の横溝正史(1902~81年)が戦争で東京から疎開中に金田一が初登場する小説を執筆したためで、ファンが集うコスプレイベント「1000人の金田一耕助」(同市など主催)が毎秋開催されている。10回目の今年は豪雨被害で開催が危ぶまれたが、全国のファンらの後押しもあり、過去最多の118人が参加して11月下旬に開催。参加者や地元の住民らが復興へと心を新たにする特別な一日となった。

金田一さん集合

 独特のお釜帽に、はかまという金田一ファッションに身を包んだ人たちが11月24日、真備町地区に隣接する同県総社市のJR清音駅前に集まった。金田一シリーズの他の登場人物に扮(ふん)した参加者も多く、白いゴムマスクの「犬神佐清(すけきよ)」(犬神家の一族)や怪老女「おりん」(悪魔の手毬唄)、頭部に懐中電灯を付けた「田治見要蔵」(八つ墓村)の姿も…。

「ここまで水がきました」。旧疎開宅の手前、浸水の最終到達地点を確かめる参加者=岡山県倉敷市
「ここまで水がきました」。旧疎開宅の手前、浸水の最終到達地点を確かめる参加者=岡山県倉敷市

 参加者は真備町地区にある横溝の旧疎開宅方面への約7キロ間を歩き、途中では地域の人が寸劇や甘酒、ぜんざいの接待などでもてなした。見知らぬ参加者同士が「それは何の作品のどんなキャラクター?」と声をかけ合ったり、記念撮影したりするのも、このイベントの特徴だ。

 「見渡せば、なじみの顔があちらこちらに…」。被災後、ツイッターで「名探偵のふるさと募金」を立ち上げ、開催の“立役者”となった倉敷市の会社員、川崎修さん(40)は、今年も同じ光景が見られたことで安堵(あんど)の表情を浮かべた。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ