PR

ニュース プレミアム

【政治デスクノート】本紙記者が選ぶベスト政治家・オブ・ザ・イヤーは誰

その他の写真を見る(1/7枚)

 平成30年も残りあとわずか。この一年を振り返ると、森友・加計学園問題で揺れた通常国会に始まり、出入国管理法改正案をめぐり与野党が激しく対立した臨時国会で終わった感がある。その他、さまざまな出来事があった今年、最も輝いていた政治家は誰なのか-。本紙政治部の記者にアンケートを実施し、「政治家オブ・ザ・イヤー2018」が誰かを探ってみた。

激動する国際情勢の中で

 結果から書くと、安倍晋三首相(64)がダントツだった。

 今年のユーキャン新語・流行語大賞でベスト10に入った「ご飯論法」は、国会で論点をすり替えて、のらりくらりと答弁する首相らを皮肉った言葉だ。野党が国会で安倍政権を追及した「首相案件」などもノミネートされていた。だが、永田町で取材に奔走する記者たちにとって、国会論戦よりも首相の外交手腕の方が印象に残ったようだ。

 「『自由で開かれたインド太平洋』構想を通じて中国の姿勢の変化を促し、7年ぶりの首相の公式訪中など、分かりやすい結果を残した」(中堅)、「トランプ米大統領やモディ印首相ら各国首脳と緊密な関係を築いた」(若手)など首相を1位にした理由のほとんどが外交上の実績だった。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ