PR

ニュース プレミアム

震災から20年超、神戸の「顔」の再開発、動き出すのか

Messenger

 神戸の顔となる三宮・元町エリアの再整備計画が、なかなか進まない。阪神大震災から20年以上が経過した神戸だが、若者を中心に人口流出が続き、訪日外国人観光客(インバウンド)の取り込みも大阪や京都など他都市と差が開くばかり。この現状を打開すべく神戸市や兵庫県が事業を進める。だが、神戸市が三宮再整備構想を明らかにしてからすでに3年以上が経過。県が年内にまとめるとしていた元町の基本構想策定も越年が決定した。地元経済界からは「とにかくスピードアップしてほしい」と危機感を訴える声が上がっている。(岡本祐大)

神戸市が進める三宮再開発の中心となる三宮交差点=同市中央区
神戸市が進める三宮再開発の中心となる三宮交差点=同市中央区

取り残された三宮

 「大阪・梅田の再開発はかなり大規模に行われ、兵庫県でも姫路市の駅前はずいぶんと変わった。しかし、三宮は取り残されている」

 神戸商工会議所の家次恒会頭(シスメックス会長兼社長)は11月5日の定例会見で、神戸市が進める三宮再整備計画の遅れをこう指摘した。念頭には、市が三宮周辺再整備の基本構想を平成27(2015)年9月に発表してからすでに3年が経過していることがある。

 基本構想を具体化させるため、市が設置した有識者委員会の初会合が開かれたのは発表から約2年後の29年7月。一部施設の事業計画や想定予算などは公表されているものの、スケジュールや総事業費の全体像はいまだ明らかになっていない。

 有識者委のメンバーを務める神戸商議所の植村武雄副会頭(小泉製麻会長)は「中身も大事だが、一日でも早くやることはもっと大事だ」と強調し、「時間ばかりかかっているのは経済人にとっては一番無駄なこと」と不満をあらわにした。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ