PR

ニュース プレミアム

【メディア会見録】11月(下)NHK会長「受信料の価値さらに高める」

今年3月、動画配信サービス「Paravi」のCM制作発表会見に出席したテレビ東京の増田和也アナ、TBSの宇垣美里アナ、テレビ東京の鷲見玲奈アナ、TBSの石井大裕アナ(左から)
今年3月、動画配信サービス「Paravi」のCM制作発表会見に出席したテレビ東京の増田和也アナ、TBSの宇垣美里アナ、テレビ東京の鷲見玲奈アナ、TBSの石井大裕アナ(左から)

 11月に行われたテレビ・ラジオ各局の会見では、NHK会長が「受信料の価値をさらに高められるよう、期待に応える」と語った。テレビ東京社長はこの1年を「チャレンジに次ぐチャレンジの年であった」と振り返った。

「値下げ実施は平坦(へいたん)な道ではない」

 【NHK会見、11月27日午後5時半】

 《NHKは同日、地上契約で1225円(35円減)、衛星契約で2170円(60円減)(いずれも月額、口座振替・クレジット払い)とする受信料値下げの実施を決め、上田良一会長が会見した》

 上田会長「経営環境が厳しさを増す中、受信料の値下げを実施することは平坦な道ではない。であればこそ、このときを改革の好機と捉えたい。既に着手している抜本的な業務改革を加速させる。経営資源は、既存業務の見直しを徹底することで生み出す。事業支出、事業規模は適正水準に抑える。視聴者の信頼が基本であることを肝に銘じ、受信料の価値をさらに高められるよう期待に応える」

災害報道「引き続き頑張る」

 【TBS会見、11月28日午後3時】

 《年内最後の会見となり、佐々木卓社長が今年1年を振り返った》

 佐々木社長「何といっても、災害が多かったなという印象を強く持っている。災害があったとき、自分たちが何ができるのかを考える訓練をしている。引き続き頑張らなくちゃいけない」

 「(TBSやテレビ東京などが出資した)『Paravi(パラビ)』という有料動画配信サービスを始めた。有料配信は初めてのチャレンジ。ドラマのインパクトが強く、ドラマが誘引となって加入者数どっと増えることがある」

ネット配信、さらにポピュラーに

 【テレビ東京会見、11月29日午後3時】

 《年内最後の会見となり、小孫茂(こまご・しげる)社長が今年1年を振り返った》

 小孫社長「チャレンジに次ぐチャレンジの年だった。パラビを4月に立ち上げた。ネット配信の分野では後発だが、初心者マークを外してもらえる段階に入ってきたのかなという思いが強くなっている。この分野は、今後さらにポピュラーになると思うので地盤を固めていきたい」

 「また、10月から『BSジャパン』の社名を『BSテレ東』と変えた。テレビ東京として、BS4Kへの挑戦を全力で応援する態勢を固めている」

「土曜8時枠に風穴空けることできた」

 【フジテレビ会見、11月30日午後3時】

 《宮内正喜社長が10月改編について語った》

 宮内社長「視聴率的にはまだまだ十分とはいえないが、一定の手応えは感じている。ドラマでは月曜9時の『SUITS/スーツ』がここまでで平均視聴率11・0%と前クールの『絶対零度』に続き好調に推移し、見逃し配信、タイムシフト視聴(録画再生率)でも高い支持を得ている。6話より後半に突入し、これから最終回に向けてますますストーリー的には盛り上がっていくということで、私も楽しみにしている」

 「バラエティー番組では『芸能人が本気で考えた!ドッキリGP』(土曜午後8時)が今月(11月)スタートした。過去4回のスペシャル番組が好調で、満を持してのレギュラー化であり、初回10・5%と高い視聴率を獲得できた。系列局では多くの地域で視聴率が上昇傾向にあり、苦戦が続く土曜8時枠に風穴を空けることができたと期待をしている」

 「一方、『坂上どうぶつ王国』(金曜午後7時)は、これから本格的に王国の建設が始まっていくと聞いている。そのドキュメントは視聴者にも楽しんでもらえると考えている。また、『超逆境クイズバトル!!99人の壁』(土曜午後7時)は今までになかった新しいクイズ番組のスタイルが評判になっており、10代にはよく見られている。また、女性、子供の視聴者も増えていると聞いている。大切に育てていけば必ず結果が出る番組になると思っている」(文化部 大塚創造、兼松康)

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ