PR

ニュース プレミアム

【日曜経済講座】待ち構える米中の対立激化 「一時停戦」の行方は ワシントン支局 塩原永久

Messenger

 米政府がこれまでに追加関税を課した中国産品の対象額は、輸入額のほぼ半分にあたる計2500億ドル。新たに2670億ドル分に関税を課し、全輸入品に関税を上乗せする方針を公言してきた。米政府は首脳会談後の声明で、この新たな大規模制裁には触れておらず、切り札を温存しているもようだ。90日間の「つかの間の休戦」を終えた後、米中間には再燃しかねない対立の火種が少なくない。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ