PR

ニュース プレミアム

【昭和天皇の87年】日本経済を救った不屈の男 高橋是清の非常政策

Messenger
画=筑紫 直弘
画=筑紫 直弘

第77回 ダルマ蔵相

 昭和-。歴代元号の中で、唯一60年を超えた昭和の名称は、「激動」の枕詞(まくらことば)とともに、いまなお日本人の耳に重く響く。

 由来は、中国最古の歴史書「書教(尚書)」にある「百姓昭明、協和万邦」だ。国民(百姓)の平和と、世界各国(万邦)の共存共栄とを願う心が込められている(※1)。

 だが、この願いとは裏腹に、昭和は、その幕開けから激動の連続だった。

 最初に国民を襲った衝撃は経済、金融恐慌である。

 第1次世界大戦の影響で空前の好景気にわいた日本経済は、大戦後に冷え込み、関東大震災によってさらに悪化した。このときの震災手形が膨大な不良債権と化して銀行経営を圧迫し、昭和2年3月中旬以降、預金者が銀行に殺到して引き出しを迫る取り付け騒ぎが相次いだ(※2)。

 昭和の新政が始まって3カ月足らず、いきなりの激動である。危機に直面しながら、当時の議会は与党の憲政会と野党の政友会とが政争に明け暮れ、混迷の度を増していた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ