PR

ニュース プレミアム

【エンタメよもやま話】体内チップ埋め込みで未来社会が変わる?

Messenger

 昨年11月14日付の米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)が「キャッシュは消えるのか?」という面白い記事を配信していました。

 それによると、銀行口座から即時決済するデビットカード、後払いのクレジットカード、携帯電話を使った「電子決済」の国別の割合を見ると、世界一はスウェーデンで何と99%。現金での支払いはほとんどなく、この“マイクロチップ”のシステムも、比較的すんなり人気を集めているのでしょう。

 他国を見ると、英国とカナダが97%、ドイツが96%、米国が92%、日本が89%。日本の内訳はデビットカードが39%、クレジットカードで52%、携帯電話での支払いが意外にも6%。携帯は米国の32%、スウェーデンの34%、ドイツの13%に比べると、意外にもかなり低いことが分かります。

 このニューヨーク・タイムズ紙は、仏のコンサルティング会社、キャップジェミニの調査結果を引用し、世界で電子決済は2015年から2020年までの間に、年間10・9%ずつ伸びていくと説明。「現金がすぐに消えることはないが、長期的にみれば、現金は電子決済との戦いに敗れていくように見える」と結論づけています。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ