PR

ニュース プレミアム

【大人の遠足】今もファンが来訪 映画「釣りキチ三平」ロケ地(秋田・五城目町)

Messenger
「三平の家」のロケ現場=7月、五城目町(藤沢志穂子撮影)
「三平の家」のロケ現場=7月、五城目町(藤沢志穂子撮影)

 昭和48年に少年漫画誌で連載が始まり、釣りブームを起こしたとされる「釣りキチ三平」。秋田県横手市出身の矢口高雄さん(79)が釣りの天才少年、三平三平(みひら・さんぺい)の挑戦を描いた作品だ。10年あまり続いた「昭和版」と平成13年から断続的に描かれた「平成版」の、単行本の累計発行部数は約3100万部。テレビアニメにもなり、イタリアなど海外でも人気が高い作品は、実写版の映画にもなっている。10年前の平成20年夏、秋田県五城目町で一部の撮影が行われた。

秋田各地でもロケ

 監督は「おくりびと」で米アカデミー賞外国語映画賞を受賞した滝田洋二郎氏。ロケは矢口氏監修のもと、湯沢市など秋田県の各地で行われた。五城目町では秘境の清流のシーンで「ネコバリ岩」が、三平が祖父の一平と住む家に明治40(1907)年築の古民家が「三平の家」として採用された。

 「ネコバリ岩」は「根古波離岩」と当て字され、「踏ん張る」という意味の方言「ねこばる」から来ている。高さ約6メートルの巨岩の上に秋田杉やカエデ、ナラなどの巨木が波のように根を張り地面とつながる。地域では古くから知られ「観光資源になる」との外部の助言で、平成19年に地域の人々が名付けた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ