PR

ニュース プレミアム

【プロが指南 就活の極意】現実を直視し当たり前の徹底を

Messenger
大企業の本社で面接の説明を受ける学生=大阪市(前川純一郎撮影)
大企業の本社で面接の説明を受ける学生=大阪市(前川純一郎撮影)

 来年3月1日の就活解禁に向けて、学部3年生や修士1年生は就職活動の対策を進めていることだと思います。インターンシップの選考を突破した人、残念ながら落ちてしまった人、早期選考試験を受験している人などさまざまだと思いますが、既に一部の学生で『内々定』が出ているのをご存じですか。正式には来年の3月以降になるかと思いますが、口約束で『内々定』がでているのです。この時期ですから「どうせ外資でしょ」と思うかもしれませんが、実は国内企業で出ているのです。しかも経団連に加盟している企業がです。就活生の皆さんはのんびりしていると後手後手になってしまい就職活動が失敗ということになるかもしれませんので注意してください。

 さて、大卒の就活市場全体についてお話ししますと、就職活動をする学生は年間約50万人存在するといわれています。ほとんどの学生は大手企業を目指すと思いますが、大手企業(今回は従業員数が1000人以上の企業と定義)の新卒採用枠は約10万人といわれています。倍率は5倍前後になるため「意外と入りやすいのかな」と思うかもしれませんが、そんな甘いものではありません。なぜなら、大手企業の中でも“超”がつく大手企業に集中してしまう傾向があるからです。

 毎年人気企業ランキングでトップ300社に入るような企業になります。このような人気企業では100倍~3000倍といった倍率になります。そのため、大手企業に絞って就職活動をするのはリスクが伴うことを理解して準備をする必要があります。理解しないまま進めてしまうと内定先がゼロという最悪な結果になるかもしれないからです。

 頭では分かっていても、実際には企業を増やす学生は多くはありません。受ける企業の数を増やすということは、それだけ企業研究に時間を費やさなければいけないため、作業量が増えてしまうことを意味するからです。たった1社のエントリーシートの作成や面接対策をするだけでも大変なのが就職活動です。現状でも大変なのにさらに辛く大変な状況に持っていきたくないと思うのは自然でしょう。

 ですが、このような心理状態のときに自分に厳しくできるか自分に甘くなってしまうかで大きな差となってしまうのです。増やすかどうか悩んでいるうちに「自分は何とかなるだろう」と自分に対して都合の良い解釈をしてしまい、就活の結果が出たときに「もっと多くの企業を受ければよかった」と後悔する。このようなケースは珍しいことではなく、これまでに何人もの学生から私も相談を受けました。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ