PR

ニュース プレミアム

東京五輪代表決めるマラソン女子MGC 大阪勢か愛知勢か 

Messenger

 2020年東京五輪のマラソン代表選考会となる「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」は来年9月15日に開催される。11月末時点で女子のMGC出場権を獲得しているのは8人。今後も五輪への挑戦権を目指し、12月のさいたま国際、来年1月の大阪国際、同3月の名古屋ウィメンズとレースが続いていくが、活躍が目立っているのが駅伝の名門として知られる大阪薫英女学院高(大阪市)と豊川高(愛知県豊川市)の卒業生たちだ。(丸山和郎)

 今年1月の大阪国際では優勝した松田瑞生(みずき)(23)=ダイハツ=と2位の前田穂南(ほなみ)(22)=天満屋=が火花を散らした。25キロ地点で前田が先にスパートをかけたが、31キロ付近で松田がとらえると、そのまま独走態勢を築いてゴール。2時間22分44秒の好タイムで、新女王の座についた。

 2人は大阪薫英女学院で1学年違いの先輩後輩の間柄。先輩の松田がムードメーカー的な明るいキャラクターであるのに対し、前田は口数の少ないおっとりとした性格だ。前田は高校時代は補欠メンバーだったこともあって、「松田先輩は面白い人だけど、練習では厳しくて怖い先輩でした」と苦笑まじりに振り返る。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ