PR

ニュース プレミアム

【プロ野球通信】主力が大量流失の西武、チーム再構築へ「穴は埋められる」

Messenger
優勝報告会でトークショーを行った(左から)辻発彦監督、秋山翔吾、源田壮亮。辻監督は「穴は埋められる」と話した=11月26日、東京都内(今野顕撮影)
優勝報告会でトークショーを行った(左から)辻発彦監督、秋山翔吾、源田壮亮。辻監督は「穴は埋められる」と話した=11月26日、東京都内(今野顕撮影)

 今オフは主力の大量流失が相次いでいる西武だが、リーグ連覇に向けてチームの再構築が始まっている。辻発彦監督は、国内フリーエージェント(FA)権を行使して楽天への移籍が決まった浅村栄斗選手が抜けた二塁手について、外崎修汰選手を筆頭候補に指名。浅村が3番を担ってきた打順では、今季最多安打のタイトルを獲得した秋山翔吾選手の3番起用も視野に入れる。

 炭谷と“ニアミス”

 西武からFAを行使して巨人入団を決めた炭谷銀仁朗選手の入団会見が行われた11月26日。会見が行われた東京・千代田区のホテルにほど近い複合施設の一室では、西武の辻監督らによる「パ・リーグ優勝報告会」がほぼ同じ時間帯に行われていた。

 「センターラインが、ごっそりといなくなりましたからね…。だからといって負けたんじゃ面白くない。今年頑張った選手たちがもう一段階レベルアップすれば、穴は埋められる」

 炭谷との“ニアミス”を意識したわけではないだろうが、辻監督は優勝報告会の中で行われたトークショーで、そう語気を強めた。

 10年ぶりのリーグ制覇から一転、今オフの西武は逆風にさらされている。主将としてチームを牽(けん)引(いん)してきた浅村が楽天への移籍を表明。さらに、炭谷も巨人への入団が決まった。

 米大リーグへの挑戦が決まった菊池雄星投手も、球団が12月3日に日本野球機構(NPB)を通じてポスティングシステムを申請することが決定。二塁手、捕手、投手が同じシーズンに相次いでチームを去るという非常事態だが、辻監督はトークショーで「若い選手にとってはチャンス」と努めて前を向いた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ