PR

ニュース プレミアム

【小池知事定例会見録】「改めて襟を正して職務に当たることで、都民の信頼回復に努める」

Messenger

 「平成31年度の税制改正に向けた、いわゆる地方法人課税の偏在是正措置、いよいよ大詰めを迎えてきております。私自身も連日、与野党の国会議員の方々とお会いいたしまして、東京が果たすべき役割、そしてまた、目指すべき方向性なども踏まえて都の考え方を強く訴えかけているところでございます。税制改正に向けて、実際には党税調でこの議論が戦わされ、最終的にはインナーの方々がおまとめになるというのがこれまでの流れでございます。私自身、党税調についてはインナーではございませんが、副会長を務めてまいりました。そういう中で、この都の財源の話でございますので、都の議会の各会派の皆様も、まずは第三回定例会において全会一致で地方法人課税の見直しに関する意見書を取りまとめていただき、可決となっております」

 「そして、現在もあらゆるつながりを活かしながら、国会議員の方々への働き掛けを行っていただいていると承知いたしておりますので、これについては大変心強く感じているところでございます。そして何よりも、これは都民生活に直接関わってくる話でございます。一方で、税金の話というのは、今の消費税の軽減税率を、いわゆる、フードコートで食べるのかどうなのかというような話はわかりやすいのですけれども、こちらの法人事業税の方になると少しわかりにくいというか、都民の皆様、タックスペイヤーの皆様方に響くところがなかなかないというようなことで、そのためにも、『事件です』などというポスターを貼ったり、工夫もするのですが、なかなか周知といいましょうか、難しいところではあります」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ