PR

ニュース プレミアム

【中国ウオッチ】コップ持参が新常識とは… 中国ホテルで衝撃の衛生管理

Messenger
中国の人気ブロガーによる告発で、ずさんな衛生管理を指摘された高級ホテルの一つ「ザ・ペニンシュラ北京」(AP)
中国の人気ブロガーによる告発で、ずさんな衛生管理を指摘された高級ホテルの一つ「ザ・ペニンシュラ北京」(AP)

 中国の五つ星ホテルが、客が使ったタオルでコップやトイレの便器を清掃している実態を人気ブロガーが暴露し、波紋を広げている。中国では社会的な反響が大きい事件は当局が情報統制を行うのが常だが、官製メディアもこの問題を大きく報道した。一消費者の告発というよりも、さながら国策キャンペーンの様相を呈している。(北京 西見由章)

■「コップの秘密」

 騒動の発端となったのは約32万人のフォロワーを持つ男性ブロガーが今月14日、中国版ツイッター微博にアップした11分間余りの映像だ。「コップの秘密」と題された動画にはシェラトンやリッツ・カールトン、シャングリラといった世界一流のホテルチェーンによる室内清掃の衝撃的な実態が隠し撮りされていた。

 清掃員が床に落ちていた使用済みのバスタオルを使ってコップや洗面台、便器を次々と拭く。

 汚れた雑巾でコーヒーカップを拭く。

 自分が着ている作業着でコップを拭く。

 ごみ箱に捨てられたコップのプラスチック製ふたを取り出し、自分のTシャツで拭いた後に再使用する。

 これらの画像は数カ月かけて、国内の高級ホテル14カ所で撮影したとされる。男性ブロガーは40代の企業経営者で、過去6年間で147軒の五つ星ホテルに計2000日以上宿泊しているという。

 「ホテルの備品はできるだけ使いたくない」

 「最も高級な中国のホテルも、衛生や道徳のレベルは日本の小さな旅館におよばない」

 インターネット上では、高級ホテルのずさんな衛生管理に対する怒りの声が広がった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ