PR

ニュース プレミアム

【経済インサイド】相次ぐオープンイノベーション ベンチャー主導で迅速化

Messenger
パナソニックを休職して、チョコレートドリンク事業に挑戦する、ミツバチプロダクツの浦はつみ社長
パナソニックを休職して、チョコレートドリンク事業に挑戦する、ミツバチプロダクツの浦はつみ社長

 デジタル化の急速な波が押し寄せる中、大企業の経営資源とベンチャーのアイデアを組み合わせて事業を生み出す「オープンイノベーション」が加速している。パナソニックは米ベンチャーキャピタル(VC)と、三井化学はバイオベンチャーと新会社を立ち上げた。両社はいずれもベンチャー側が主導権を握っているのが特徴だが、果たしてどんな化学反応が起きるのかが注目される。

 ■2カ月半で試作機作成

 パナソニックの家電事業の社内カンパニーのアプライアンス社と米シリコンバレーを拠点とするスクラムベンチャーズは、今年3月「BeeEdge」(ビーエッジ、東京都港区)を設立した。同社はパナソニックで事業化できなかったアイデアを改めて審査し、外部の発想を取り入れて実現しようというものだ。

 ビーエッジ社長には住友銀行(現・三井住友銀行)から、創業間もなかったIT大手のディー・エヌ・エー(DeNA)に転じ、会長も務めた春田真氏が就任。スクラム側が主導権を持ち、迅速な意思決定による経営が特徴だ。

 第1弾として、ミツバチプロダクツ(東京都港区)を設立し、パナソニックが保有するスチーム技術に着想を得た、チョコレートドリンクマシンを来年春、カフェなどに売り込む考えだ。

 この事業はミツバチプロダクツの社長に就任した浦はつみ氏が、かつてパナソニック社内で新事業提案したが、市場規模が小さいとの理由でお蔵入りした経緯がある。だが、「健康志向もあり、飲むチョコレートで豊かな食文化を演出したい」との浦氏の熱意が春田氏の目にとまった。

 カフェに置くには、デザインは最優先。浦社長が、自ら米大手IT企業でプロダクトデザインエンジニアの経験もあるダグラス・ウェバー氏らを口説き落とし、具体的に動き出してから、わずか2カ月半という短期間で試作機の作成にこぎつけた。ちなみに大企業の宿命もあり、パナソニックではデザイナーとの契約手続きだけでも時間がかかり、社内のこの種のケースでは1年程度かかるのが一般的だったという。

 浦氏をはじめ新会社の社長になる人は、パナソニックを休職し給料も自分で決める仕組み。退路を断ち、移籍する手もあるが、「休職」ならば、家族の同意も得やすいと、春田氏がパナソニックにかけあい、挑戦しやすい環境をつくった。チャレンジを経験した人材がパナソニックに帰り、新たなチャレンジを行うことで、企業風土の改革につなげたい狙いもある。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ