PR

ニュース プレミアム

【CMウオッチャー】欅坂46がクールにモグモグ アイドルも永谷園のお茶づけが大好物 

Messenger
欅坂46が出演する新CM「お茶づけで会いましょう」(永谷園提供)
欅坂46が出演する新CM「お茶づけで会いましょう」(永谷園提供)

 若者らの間で絶大な人気を集めるアイドルグループ、欅坂46(けやきざかフォーティーシックス)が永谷園のお茶づけの新CM「お茶づけで会いましょう!」に出演。ステージ上ではクールなパフォーマンスを繰り広げるメンバーたちが、お茶づけをほおばるギャップが面白いCMに仕上がっている。

 CMではまず欅坂46の全国ツアーのライブ映像が映し出され、メンバーたちのエネルギッシュなダンスにカメラが寄る。場面が一転してお茶の間に変わり、「お茶づけ始めました」との台詞(せりふ)に続いて、お茶づけをふりかけたご飯にお湯を注ぐシーンへ。「おいしい!」との歓声も上げつつ箸を進めるメンバーらがアップに映し出される。

 終盤は、専用パッケージのお茶づけ商品に同封されるメンバーのサイン入り「ライブフォトカード」もPR。「お茶づけで会いましょう! 永谷園」とのコールで締めくくる流れだ。

 永谷園のお茶づけといえば、熱いお湯を注ぐだけですぐ食べられる、手軽かつ便利な食事として知らない人はむしろ少数派だろう。

 永谷園によれば、お茶づけのルーツは平安時代で、当時の文献にも「湯漬け」が頻繁に登場したという。永谷園の「お茶づけ海苔」自体は昭和27年発売にさかのぼり、昭和・平成を通じ身近で、手軽に食べられる国民食として親しまれてきた。

 ただ、昨今の食事シーンは選択肢が多種多様で、若者を中心にお茶づけの存在感も希薄になっているという。危機感を抱いた永谷園が若者にアピールしようと10代~20代中心の欅坂46の起用を決めた。

 ファンにはうれしいおまけも用意。専用パッケージのお茶づけ商品は、メンバーの顔写真、サインが入ったカード同封だ。全24種類で、裏面の2次元バーコードから閲覧できるウエブサイトではCMのメイキング動画も見られる仕掛けだ。

 CMの放映開始に先立つ1日、東京・秋葉原で発表会が行われ、菅井友香(すがい・ゆうか)さん(22)▽長濱ねるさん(20)▽渡辺梨加さん(23)▽渡邉理佐さん(20)-の4人が出席。トークセッションで、お茶づけのベストトッピングを問われた渡辺さんが納豆と答える一幕もあり、会場の笑いを誘っていた。

 欅坂46といえば、大みそかの紅白歌合戦にも出演する絶大な人気を誇るアイドルグループ。長濱ねるさんの写真集が20万部を突破するなどグループは上昇気流に乗っており、今後の活躍がますます期待されている。

             

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ