PR

ニュース プレミアム

【法廷から】静岡・看護師連れ去り初公判 遺族の声に表情一変

Messenger
女性看護師遺棄事件の経過
女性看護師遺棄事件の経過

 静岡県藤枝市の山中で今年6月、浜松市の女性看護師、内山茉由子(まゆこ)さん=当時(29)=の遺体が見つかった事件で、内山さんを連れ去り監禁したとして、営利目的略取と逮捕監禁の罪に問われた住所不定、無職の伊藤基樹(もとき)被告(28)の初公判が今月9日、静岡地裁浜松支部(山田直之裁判長)で開かれた。伊藤被告は「間違いないです」と起訴内容を認めた上で、主導役とされた男=当時(39)、自殺=が連絡を取っていた「依頼主」がいたと説明し、拉致に関わったとされる3人以外の存在を示唆した。

 起訴状などによると、伊藤被告は報酬を受け取る目的で、鈴木被告や男と共謀し、5月26日夕に浜松市のフィットネスクラブ駐車場で内山さんを車に押し込み車ごと拉致。県内を連れ回し、翌27日未明まで腕を結束バンドで縛るなどして監禁したとされる。

 遺体は6月9日、藤枝市の山林の土中から見つかった。伊藤、鈴木被告は殺人容疑で再逮捕されたが、静岡地検が不起訴処分としていた。主導役の男は新潟市内で自殺しているのが見つかり、殺人容疑などで書類送検された後、不起訴処分となった。

 検察側の冒頭陳述によると、伊藤被告は犯行直前まで勤務していた風俗店で人間関係にトラブルを抱えていた。伊藤被告は所持金が1500円しかなく、すぐに稼げる仕事を、とインターネット掲示板の呼びかけに応じたという。犯行に及んだ理由については「一番大きかったのは食事と寝床を用意してくれたこと。5万円もらえればいいと思っていた」と語った。

 伊藤被告はインターネット掲示板の書き込みを見て自殺した男に連絡。連れ去り前日に「人さらいの仕事」であり、報酬を参加人数に応じて分配することを説明され、運転手役として計画に参加したという。

 当日は鈴木充被告(43)=死体遺棄と営利目的略取などの罪で起訴=とフィットネスクラブの駐車場で内山さんを待ち伏せし、男から無料通信アプリ「LINE(ライン)」で「今から行くのがターゲット」との連絡を受け、連れ去ったという。検察側は「別の女性も2回にわたって尾行していた」と指摘した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ