PR

ニュース プレミアム

【スポーツ異聞】孤高の道を選んだ伊藤美誠 中国キラーへ着々

スウェーデンOP女子シングルスを制した伊藤=11月4日、ストックホルム(AP)
Messenger

 機関銃のように繰り出すバックハンドで、卓球王国の壁をぶち破った。国際卓球連盟(ITTF)ワールドツアーのスウェーデン・オープン(OP、10月29日~11月4日)女子シングルスで、伊藤美誠(みま)=スターツ=がリオデジャネイロ五輪金の丁寧ら中国の主力3選手を破って優勝した。続くオーストリアOP(11月6日~11日)も早田ひな(日本生命)との女子ダブルスで中国若手ペアに勝って優勝。遠征前に下した、ある“決断”が間違いではなかったことを自らの結果で証明している。

 世界ランク1位を倒すのにかかった時間は、わずか26分。スウェーデンOP決勝。伊藤は世界ランク1位の朱雨玲(中国)を4-0と圧倒した。相撲の突っ張りのようにラケットを押す独特の強打「みまパンチ」を炸裂(さくれつ)させ、昨年の世界選手権銀メダリストを呆然(ぼうぜん)とさせた。

 準決勝ではリオデジャネイロ五輪金の丁寧(同2位)に0-2から、準々決勝では世界ランク6位の劉詩●(=雨かんむりに文の旧字体)に1-3から、いずれも逆転勝ちした。これで6月のジャパンOPに続き、今季2勝目。今年に入ってからの対中国選手戦績は12勝8敗と勝ち越している。

 参戦見送りの決断

 10月24日。国内外のトップ選手を集めた新リーグ「Tリーグ」が華々しく開幕した。日本卓球界にとって記念すべき日、熱気に包まれた会場の両国国技館に伊藤の姿はなかった。開幕の約2週間前、書面を通じて参戦の見送りを発表していた。

 世界ランクは3位の石川佳純(全農)に次ぐ、日本人2番手の7位(11月現在)。名実を兼ねそろえる18歳は引く手あまたの状況の中、「2020年の東京オリンピックで金メダルという結果を出すことが一番と考え、それまでの限られた時間を強化に専念すると決めました」と心境をつづった。

 同級生の平野美宇(みう)=日本生命=や早田らは早々に参戦を決め、石川も開幕まで1カ月を切ってから「自分のレベルアップにつながる」と参加を表明した。男子も水谷隼(じゅん)=木下グループ=を始め、張本智和(エリートアカデミー)ら日本代表選手の多くが参戦している。その中、伊藤は一人独自の道を選んだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ