PR

ニュース プレミアム

「必死すぎるネコ」写真家・沖昌之さん撮影秘話(上)

撮影した「必死すぎるネコ」たちについて語る沖昌之さん=兵庫県伊丹市
Messenger

 クールで自由気まま、ごろごろしてばかり-。そんなイメージの野良猫や地域猫が、何かに夢中になっている瞬間の表情や動きを捉えた写真集がロングヒットしている。タイトルはずばり、「必死すぎるネコ」。どうすればこんな生き生きとした猫たちに出会えるのだろう?

 撮影した沖昌之(おき・まさゆき)さん(40)は3年前に「猫写真家」としてデビューしたばかり。撮影秘話と人生を変えた猫との出会いについて聞いた。(聞き手・杉侑里香)

     ◇

 --身体を目いっぱい伸ばして穴をのぞいたり、虫を追っかけたり。写真集には、全力の猫の瞬間が収められています。外で暮らす「外猫」の魅力とは

 確かに猫ってツンツンしていて、毛繕いして一日中寝てるイメージですよね。でも実際はめっちゃ動き回って、普段は気にしていないことにも突然興味を持ってものすごい勢いで盛り上がったりしている。それぞれが一生懸命生きているところが魅力ですね。

 --写真集のタイトルも秀逸です

 僕が決めたんじゃないんですよ。写真を見た担当者が「沖さんの写真って猫が一生懸命ですよね」という話をしているうちに、タイトルが生まれました。僕はひたすら、猫自身の素晴らしい瞬間にカメラを向けているだけです。

 --普段の撮影はどのようにされているのですか

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ