PR

ニュース プレミアム

【昭和天皇の87年】お帰りなさい、我らが皇太子よ- 摂政就任の機は熟した

Messenger

帰国

 外遊も終盤を迎えた1921(大正10)年7月、裕仁皇太子はイタリアとローマ法王庁を訪問、各地で歓待を受けた。

 中でもイタリアの歓待は破格だった。一行が上陸したナポリからローマまでの鉄道沿線上には、約50歩ごとに警護の哨兵が立ち並び、歓迎行事が行われるクイリナーレ宮殿前広場は群衆で埋め尽くされた。その歓呼に応えて裕仁皇太子が宮殿のバルコニーに立つと-

 《群衆は、帽子・手巾等を振り、日本万歳、イタリア万歳、サヴォイア王家万歳等を叫んで盛んに歓呼し、整列する憲兵隊は捧銃の礼を行い、軍楽隊は君が代を奏す。それより(裕仁皇太子は)バルコニーを退かれるものの、群衆の歓呼は止まず、よって再びお出ましになり、群衆の歓呼に報いられる》(昭和天皇実録8巻100頁)

× × ×

 なお、日本を出発する3月3日時点で、訪問国として確実に予定されていたのは英仏2カ国だけだった。外務省には各国大使館などから来訪要請が続々と寄せられていたが、裕仁皇太子への負担を懸念する宮内省は訪問国を増やすことに反対した。外務省の希望によりイタリアなどが正式に追加されたのは、イギリス到着後の5月に入ってからだ。

 ところで裕仁皇太子の来訪を強く望んでいた国の一つに、アメリカがある。

 日米関係は当時、排日や軍縮など複雑な問題を抱えており、米大統領のハーディングらは、皇太子訪米が実現すれば友好修復につながると期待していた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ