PR

ニュース プレミアム

【世界を読む】韓国外交部で「ジャパンスクール」の凋落か…政権交代の余波かぶる

韓国主催の観艦式で掲揚された李舜臣将軍を象徴する旗。手前は韓国の文在寅大統領=10月11日、済州島(聯合=共同)
Messenger

 韓国外交部(省に相当)が東京の駐日韓国大使館に赴任する外交官を募集したところ、志願者がゼロだったことに波紋が広がっている。日本専門家グループは「ジャパンスクール」と呼ばれ、公館ランクが最上級の駐日大使館は人気勤務先だった。ところが慰安婦問題をめぐる2015年12月の日韓合意に関与した外交官らが苦労したにもかかわらず社会的な非難の対象となり、現政権に交代してからは人事で報われないケースも。メディアは「対日外交に意欲があるならともかく、単にキャリアを積む赴任先として日本の魅力は薄れている」と指摘する。

 再告知で選抜

 韓国紙・朝鮮日報(電子版)によると、韓国外交部がこのほど、来年初めに駐日韓国大使館に赴任する書記官級外交官3人を募集したが、志願者がなく、募集を再告知して人員を選抜しているところだという。外交部は「現在は志願者が複数いる」と話しているが、一部には「これが『ジャパンスクール』の現実だ」という話も飛び交う。

 中央日報(同)は、消息筋の話として「過去に北東アジアの国々に勤務するなど日本関連の経験がある者は全く関心を示さず、入ったばかりの新人や日本と全く関係がない職員を強制的に派遣しなければならない状況」と紹介する。

 さらに同紙は「このような状況は極めて異例だ。外交官の間ではこれまで『ジャパンスクール』という言葉があるほど、日本は先を争って行こうとする代表的な人気勤務先の一つだった」と指摘し、東日本大震災直後にも日本が忌避地域のようにみなされることはなかったとしている。

 出世コース

 こうして韓国メディアが「異例の事態」と驚きをもって報じるのは、外交官にとってジャパンスクールが出世の登竜門ともいうべきコースだったからだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ