PR

ニュース プレミアム

翻弄される「姉妹都市」…大阪だけの問題じゃない

Messenger

 大阪市とサンフランシスコ市の提携解消は国際的な大都市間の問題でもあり、少々毛色が違うかもしれないが、そこに市民の声は拾われていないような気がする。

市民が主体となって交流を

 今後、姉妹都市が自治体の主要施策になることはまずありえない。ただ、異文化を乗り越えるなどの理想論はともかく、せっかくの都市間交流を先細りさせないためには、時代の流れに対応した方法を考えることが重要ではないだろうか。

 交流といえば、周年記念事業や中高生の派遣交流事業などを思い浮かべる。だが、それだけでは「名ばかり姉妹都市」の印象をぬぐえない。やはり、市民が主体となって交流を深めることが友好関係を長く続ける基本なのだと思う。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ