PR

ニュース プレミアム

【酒呑み鉄子の世界鉄道旅】鉄道ファンなら見逃せない“スターリン愛用”列車も。まだまだあるぞ、ジョージアの観光地

Messenger

 世界遺産の建造物は、主な宗教であるキリスト教の「ジョージア正教」に関連した施設が中心だ。人々の信仰心は篤く、ミサは日常生活に溶け込んでいる。また、日本では伊勢神宮で毎日神様にお食事をお供えするように、ジョージアにも脈々と続いている宗教行事がある。

スターリン博物館に展示されている専用車。車内に入ってミーティングルーム、ベッドルーム、バスルームなど各車両を見学できる
スターリン博物館に展示されている専用車。車内に入ってミーティングルーム、ベッドルーム、バスルームなど各車両を見学できる

 鉄道愛好家なら見ておきたいのが、シダ・カルトリ地方の州都ゴリ。ゴリは旧ソ連の指導者だったスターリンの生まれ故郷。ここにはスターリン博物館があり、屋外にはスターリンが移動に使った専用車が展示されている。

 旧ソ連に対するジョージア人の思いは複雑なようで、世代や教育によっても受け止め方が違う。まだ23歳のジョージア人ドライバーが、「歴史を学びたい」と、インスタにアップするための写真を撮りながら、私以上に熱心にスターリンの人生を追っていたのが印象深い。

ミネラルウォーター「ボルジョミ」の源泉があるボルジョミ・ハラガウリ国立公園のリゾート。ぬるいボルジョミの味は…ま、身体によさそうです
ミネラルウォーター「ボルジョミ」の源泉があるボルジョミ・ハラガウリ国立公園のリゾート。ぬるいボルジョミの味は…ま、身体によさそうです

 温泉好きならトビリシの他にもう1ヵ所、ボルジョミ・ハラガウリ国立公園も見逃せない。ロシアやCIS諸国を旅行したことがある方なら、「ボルジョミ」というブランドの発泡ミネラルウォーターをご存じかもしれない。国立公園にはこの名水の原泉がある。ミネラルを豊富に含んだ炭酸泉は保養にいいとされ、この水を使ったスパやエステもあるが、気軽なのは飲泉。源泉には“バドガール”ならぬ“ボルジョミガール”が待機していて、汲みたてのフレッシュな炭酸水を手渡してくれる(まったく余談だが、ジョージアにはきれいな女性が多い)

 そのほか合唱の原点といわれる、男性合唱隊による「ポリフォニー(多声音楽)」を筆頭に、伝統音楽や民族舞踊のショーなど、音楽や踊りに興味のある人必見の伝統芸能も楽しめる。

ワインを飲みながら民族舞踊「カルトゥリ」を鑑賞できるディナーショー。ストーリーは男女のソロパートを含む5部で構成されている
ワインを飲みながら民族舞踊「カルトゥリ」を鑑賞できるディナーショー。ストーリーは男女のソロパートを含む5部で構成されている

 ここ数年、外国に向かって大きく開かれ始めたジョージア。首都トビリシを見渡すソラロキの丘では、「ジョージアの母」と呼ばれる像がジョージア人の暮らしを見守っています。右手に剣、左手に杯を持ったこの像は、敵とは不屈の精神で戦い、友はワインで歓迎するというジョージア人の国民性そのものとか。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ