PR

ニュース プレミアム

【酒呑み鉄子の世界鉄道旅】高山植物が咲き誇るトレッキングコースも。コーカサスの絶景を楽しむ山岳リゾート

Messenger

 【酒呑み鉄子の世界鉄道旅  国鉄に乗るジョージア旅(6)】ジョージアの首都トビリシから北上し、ロシアとの国境至近のカズベギ村、さらにコーカサス山脈を越えてロシアへと繋がる全長210kmの「ジョージア(グルジア)軍用道路」は、ジョージアを代表するドライブロード。19世紀初頭にロシアがコーカサスに進出するために敷設し、ロシアから大量の軍用物資が運ばれたという背景から、軍用道路といういかめしい名前が残っているが、気分的には「ジョージアスカイライン♪」とでも呼びたい景勝地だ。その先には絶景を楽しむラグジュアリーリゾートがある。日本人にとっては、はるか遠い“秘境”というイメージのコーカサス山脈だが、実際に訪れてみると、国内外の旅行者にとって身近な人気の旅先だと実感した。(写真・文/トラベルジャーナリスト 江藤詩文、取材協力/Grorgia National Tourism Administration

ジョージア(グルジア)軍用道路に造られた展望台から眺めたコーカサスの絶景。ジョージア人は(も)自撮りが大好きで、ここはセルフィースポットとしても有名だ
ジョージア(グルジア)軍用道路に造られた展望台から眺めたコーカサスの絶景。ジョージア人は(も)自撮りが大好きで、ここはセルフィースポットとしても有名だ

 首都トビリシを出発して、カズベギ山を目指す。標高5047mのカズベギ山は、整備されたスカイラインを、途中で観光スポットに立ち寄りつつ3時間ほどでアクセスできる。日帰り観光も可能という気軽さながら、俗世と切り離されたようなコーカサスの絶景を楽しめるとあって、“プチ秘境”として外国人旅行者のみならずジョージア人からも人気がある旅先だ。コーカサス山脈の最高峰のひとつであり、ギリシャ神話にもキリスト教の伝説にも登場するそうだ。

ドライブがてらに立ち寄ったアナヌリ教会。17世紀に建設された要塞教会で、ジヌヴァリ湖を背景にそびえる塔が美しい。軍用道路の最高点、十字架峠もぜひ見学したい
ドライブがてらに立ち寄ったアナヌリ教会。17世紀に建設された要塞教会で、ジヌヴァリ湖を背景にそびえる塔が美しい。軍用道路の最高点、十字架峠もぜひ見学したい

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ