PR

ニュース プレミアム

新作PRはSNSを駆使 劇場映画「ドラえもん」が狙う客層は

「映画ドラえもん のび太の月面探査記」の公式サイトで告知されたPR。何が起こるのか明かされなかった (C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2019
Messenger

 「ドラえもん」の劇場用映画39作目となる新作「のび太の月面探査記」(八鍬(やくわ)新之介監督、藤子・F・不二雄原作)が来年3月1日に全国公開されることが決まったが、宣伝戦略が例年とはひと味違うと話題を集めている。配給元の映画会社東宝の狙いは何か。

カウントダウン仕様のホームページ

 「製作委員会で検討を重ねた結果、例年と違う形で発表しました」と東宝の担当者は力を込めた。

 まず、10月15日、東京都内で製作発表会見を行った。26作目「ドラえもん のび太の恐竜2006」(平成18年)以来だ。

 「のび太の月面探査記」の物語の季節は秋。実は、シリーズ史上初の設定であることや、「藤子さんの大ファン」という直木賞作家の辻村深月(みづき)さん(38)が映画脚本を初めて手がけること-など、作品自体が新しい試みに満ちていることが理由だという。

 会見を開いたこと以上に目を引いたのが、会見を盛り上げるための仕掛けだった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ