PR

ニュース プレミアム

敬語がない言葉 大阪の「泉州弁」、だんじりが守った

Messenger

 一時期、東京に赴任していたという岸和田市の男性(50)は「戻ってきたときは、泉州弁を聞いて『怖っ』と思ったが、寄り合いを重ねているうちに感覚が戻ってきて、だんじりの本祭りを迎えたころには泉州弁にどっぷりとつかった。泉州弁って、気持ちがいい」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ