PR

ニュース プレミアム

敬語がない言葉 大阪の「泉州弁」、だんじりが守った

岸和田市内をだんじりが勢いよく走り抜けた=15日午後、大阪府岸和田市(鈴木健児撮影)
Messenger

 テレビで活躍するお笑いタレントらの影響などで、すっかり全国区となった「関西弁」。その中核は主に大阪で話される「大阪弁」だが、同じ大阪でも地域によって河内(かわち)弁、泉州弁と違いがあることは、大阪人でなければ知らないだろう。中でも大阪府南部の大阪湾沿岸地域の泉州弁は同じ関西弁エリア内でも「荒っぽい」という印象を持たれているが、住民たちは泉州弁を愛して止まない。この強固なアイデンティティーの源は、泉州各地で毎年盛り上がる「だんじり祭り」にあるようだ。(古野英明)

語尾が変?

 「学生時代、大阪市内や北摂などに住む友人らから『語尾が変や』といわれ、愕然としました」

 貝塚市に住む40代の会社員女性はこう話す。泉州弁は語尾に「け」や「やし」をつけるのが特徴。一部河内弁などとも共通するが、例えば標準語で「本当か」は大阪弁では「ほんまか」で、これが泉州弁になると「ほんまけ」と変化する。

 こうした語尾の特徴に加え、敬語らしき言葉がほとんどないことが、他の関西弁エリアの人たちにも「荒っぽい」「怖い」という印象をもたれがちだ。

 泉大津市出身で現在は堺市に住む会社員男性(55)は、休みの日に上司から電話がかかってきたときの母親の応対についてこう明かす。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ