PR

ニュース プレミアム

【近ごろ都に流行るもの】「ヨガビリー」 シニアも障害者も、体動かす喜びを

Messenger

 ヨガはボールやゴムなども使って無理なく、リンパ節や筋肉をほぐし、骨に刺激を与える。「ふくらはぎの下にボールを置いて、両手を後ろについて、体重をかけながらゴロゴログリグリ…。第2の心臓ね」と須之内さん。「息を吸いながら膝は左、顔は右…」

 4、5年続けている人が多く、柔軟性や関節可動域の広さ、シャキッとした背筋は大したものだ。

 「病院でいっぱい薬もらうよりいいわよ」「サボッたら体重増えちゃったアハハ」…。豪快に笑い、おしゃべりしながら体を動かすこと2時間。最後は、須之内さんによる簡単なアロママッサージを受けてプログラムは修了だ。一緒に体験した筆者も、帰り道は体が軽く感じられた。

 ヨガビリーを考案した須之内さんは、先進地のカナダなどでヨガを学び、台湾式足もみも習得した。

 銀行員時代から始め、30歳目前でヨガ講師として独立。5年後、脳挫傷で寝たきりになってしまった祖母にヨガや足もみのスキルを総動員して機能回復を試みる“介護日誌”のブログが、千葉市の高齢者福祉講座担当の目にとまり平成24年、ヨガビリー講座が始まった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ