PR

ニュース プレミアム

【小池知事定例会見録】偏在是正の議論めぐり「全国知事会とのつき合い方を考えざるを得ない」

会見の臨む東京都の小池百合子知事=19日、都庁(大泉晋之助撮影)
会見の臨む東京都の小池百合子知事=19日、都庁(大泉晋之助撮影)

 《19日午後2時から都庁会見室で》

【知事冒頭発言】

 「今日は、ちょっとお尻が決まっておりますので、まず、手短に4本、お伝えしておきます。まず、税財政の問題についての一言でございますが、現在、国において、新たな、いわゆる偏在是正措置を講じるべく、議論が進められているところであります。一方、東京都におきましては、まず、東京都税制調査会の答申が近々取りまとめられることとなっております。そしてまた、もう一つ、東京と日本の成長を考える検討会がございますが、こちらはもう1回追加で開催しようという動きとなっております。まさに、平成31年度の税制改正、佳境に向けた動きが本格化しつつあるという段階でございます。こうした中で、先日16日に全国知事会が開かれまして、ここで税財政の問題を専門に取り扱います地方税財政常任委員会が開催されました。この委員会ですが、税制改正に向けました政府与党への提言を、全国知事会として取りまとめるということを目的に開催されたものでありますけれども、現時点での提言案は、『大都市に集中する税収を地方に振り向けて格差を是正すべき』という内容になっております。当然のことながら、この案については、東京都は明確に反対でございます」

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ