PR

ニュース プレミアム

【びっくりサイエンス】探査機「みお」が向かう水星は謎だらけ 磁力と大気の解明に挑む

Messenger
水星探査機「みお」の想像図(JAXA提供)
水星探査機「みお」の想像図(JAXA提供)

 打ち上げが迫った宇宙航空研究開発機構(JAXA)の水星探査機「みお」。日本が初めて挑む水星は、どんな惑星なのか。解明が期待される磁力や大気などの謎を探った。

予想覆した磁力の発見

 水星は太陽系で最も小さい惑星。直径は地球の約4割で、月より少し大きい程度。表面は無数のクレーターで覆われ、月にそっくりだ。太陽に近い上に1昼夜が176日と長いため、温度は427~マイナス173度と寒暖差が非常に激しい。

 水星の存在は紀元前から知られていたが、太陽に近いため、地上から望遠鏡で観測すると太陽光に邪魔されてしまうこともあって、まだ分からないことが多い。最大の謎は磁力のメカニズムだ。

 地球の内部では、高温で溶けた鉄などの金属が対流して電流が発生し、その影響で磁力が生じている。1本の棒磁石が南北方向に埋め込まれているような状態で、方位磁石のN極が北を向くのはこのためだ。

 これに対して水星はサイズが小さいため、内部の金属は既に冷えて固まり、対流はなく磁力は生じないと考えられていた。

 ところが1974年、史上初の水星探査機である米マリナー10号が驚くべきデータを送ってきた。当時の科学では説明できない磁力が水星の周辺で観測されたのだ。翌年の探査で、水星自身が磁力を持つことを突き止めた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ