PR

ニュース プレミアム

【プロが指南 就活の極意】「失敗を恐れず」積極的な行動を

Messenger

 就職活動は、受験と異なり「ヒト」が評価します。その場合はどうしても“主観”が入ってしまいます。“主観”が入ると正しいと思った答えが正しくないことになってしまうこともあるのです。これまで中学受験・大学受験と答えが明確だった事象に対峙(たいじ)してきた学生にとっては信じられないことかもしれません。

 「Aさんにとっては正解でもBさんにとっては不正解の可能性がある」

 このことを理解して動く必要があります。もし「誰にとっても正解は何か」を知りたいのであれば、一人ではなく何人もの社会人の方と接することです。つまり、泥臭く足を使って情報収集に徹しろ、ということになります。

 また、答えを求める・合意を求めるといった行為は自信のなさを表しています。もしくは「失敗を恐れている」とも言えるかもしれません。

 自信がなかったり、失敗を恐れてしまったりする学生は、以下を心に留めて行動に移してもらいたいです。

 ◆失敗は恥ずかしいことではない

 ◆実は周りもたくさん失敗をしている

 ◆「ここまでやった」というくらい準備をする、中途半端に準備をしない

 ◆失敗は次に生かせばよい

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ