PR

ニュース プレミアム

【花田紀凱の週刊誌ウオッチング】〈690〉「週刊ポスト」が久々の大スクープ 靖国神社宮司が会議で“アウトな”発言 音声データを入手

靖国神社=東京・九段北
Messenger

 『週刊ポスト』(10・12/19合併特大号)久々の大スクープだ。

 「『陛下は靖国を潰そうとしている』靖国神社トップ小堀邦夫宮司『皇室批判』の波紋」

 今年3月、第12代靖国神社宮司に就任したばかりの小堀氏、この記事がキッカケとなって、10日、宮司を退任する意向を発表した。

 問題の発言は6月20日、社務所会議室で開かれた「第1回教学研究委員会」でのもの。

 どんな発言か。

 〈「陛下が一生懸命、慰霊の旅をすればするほど靖国神社は遠ざかっていくんだよ。そう思わん? どこを慰霊の旅で訪れようが、そこには御霊(みたま)はないだろう? 遺骨はあっても。違う?(中略)はっきり言えば、今上陛下は靖国神社を潰そうとしてるんだよ。わかるか?」〉

 〈「もし、御在位中に一度も親拝(しんぱい)(天皇が参拝すること)なさらなかったら、今の皇太子さんが新帝に就かれて参拝されるか? 新しく皇后になる彼女は神社神道大嫌いだよ。来るか?」〉

 いくらクローズドの会議とはいえ、これは完全にアウトだろう。『ポスト』 編集部は110分に及ぶ音声データを入手したという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ