PR

ニュース プレミアム

【小池知事定例会見録】豊洲市場開場「歴史的な瞬間に立ち会うことができた」

Messenger

 「昨日はそういう状況で始まりましたが、日にちは変わりまして、今日、混雑がかなり緩和されている、そして、こうした状況をきちんと把握した上で、必要な対策を検討して、一つひとつ改善を積み重ねていくということが、大変大切なことではないかと思います。もちろん、落ち着くまではしばらく時間はかかると考えておりますけれども、都、そして市場関係者の皆さんがそれぞれの立場で努力を重ねて、そして新しい市場での業務を早期に軌道に乗せていきたいと考えております。それから、晴海通りや有明通りでございますけれども、豊洲市場の周辺道路の混雑についても、市場関係者に対して、例えば周辺道路への迂回(うかい)をしていただくとか、環状2号線の部分通行が可能となっていること、まだよくご存じない方もいらっしゃるということで、場内アナウンスや、市場内の案内表示をして周知を図っているところでございます」

 「『ローマは一日にしてならず』と言いますけれども、豊洲は2日目にしてだいぶ改善したということではないかなと思います。それから、環状2号線についてでありますけれど、暫定開通日が決まりましたので、お知らせさせていただきます。環状2号線(環二)ですが、豊洲・築地間におきまして、旧築地市場内に暫定迂回道路を整備いたします。もう既に工事は始まっているところでありますが、11月4日の午後2時をもって開通ということになります。この開通の時期ですが、市場の移転後約1カ月ということで皆さんにはお伝えしていたかと存じますが、市場関係者の皆様方のご協力が得られたことで、これによって1週間前倒しすることが可能となったというわけであります。これで、臨海部と都心部を結びます新たな交通ネットワークが形成されるということで、水域に囲まれた晴海地区であるとか、勝どき地区においては、災害時の避難ルートが新たに確保されることになりまして、防災性の観点からの向上も図れることになろうかと思います」

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ