PR

ニュース プレミアム

【木下隆之の試乗スケッチ】クラリティ PHEVの仰天「EV度」 エンジンはおまけ?

Messenger
クラリティ PHEV
クラリティ PHEV

 ホンダがクラリティに託す思いは熱く激しい。かつては水素燃料電池車として話題を誘った近未来を想像させる印象的な車名なのだが、いまでは、ひとつの車形でEV(電気自動車)とPHEV(プラグインハイブリッド車)をも成立させるモデルとして注目されている。

 今回デビューした「クラリティ PHEV」の最大の特徴は、驚くほど長いEV航続距離にある。バッテリー容量は17kWhもある。168個ものセルを14個のモジュールにまとめ、床下に搭載しているのが特徴だ。

 プリウスPHVのバッテリー容量は8.8kWhであり、アウトランダーPHEVでさえそれは12kWhにとどまる。クラリティがいかに大容量バッテリーを搭載しているかがわかる。

木下さん。後ろはクラリティ PHEV
木下さん。後ろはクラリティ PHEV

 ガソリン要らずで114キロ走破

 EV走行距離(JC08モード)はなんと114.6kmに達した。これほどまで長い航続距離を達成したのは、バッテリー容量が桁外れに大きいことが理由なのである。

 「EV走行距離114.6km」が意味するところは深い。家庭のガレージなどでコンセントとクラリティをつなぎ、バッテリーを満充電して出かけたのなら、114.6kmまではガソリンを1滴も消費せずに帰宅できるということなのだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ