PR

ニュース プレミアム

【昭和天皇の87年】君主国が次々崩壊… 卒業の春を迎えた皇太子に、皇国の命運が託された

Messenger

宮中某重大事件(4)

 宮中が皇太子妃問題で揺れた大正7年1月から10年2月にかけ、国内外の情勢も激しく揺れ動いていた。

 1600万人もの戦死者を出した第一次世界大戦は1918(大正7)年11月に終結したものの、その前年にロシア革命が勃発。イギリスをはじめ各国軍隊は革命に干渉し、日本も大正7年8月、アメリカと歩調を合わせてシベリアに出兵した。

 その影響で国内では、もともと高値だった米価が一気に急騰し、全国各地で米騒動が発生。当時の寺内正毅内閣が総辞職に追い込まれた。かわって議会第1党の立憲政友会総裁、原敬を首班とする本格政党内閣が発足する。

 原は、英米との協調、中国への内政不干渉など穏健な外交政策を掲げたが、1919年3月に朝鮮半島で3・1独立運動(※1)が、5月には中国で5・4運動(※2)が起こるなど、抗日機運はおさまらなかった。

 激動する内外情勢で、原をはじめ政府首脳が最も憂慮したのは、君主国の相次ぐ崩壊だ。1912年の辛亥革命で中国・清王朝が滅亡したのを皮切りに、1917年のロシア革命でロマノフ王朝が倒され、皇帝ニコライ二世は家族もろとも処刑された。翌年には第一次世界大戦で敗退したドイツのヴィルヘルム二世が退位して帝政が崩壊。同時期にオーストリア=ハンガリー帝国の皇帝カール一世も退位し、中欧で650年君臨した名門ハプスブルク家の歴史にピリオドが打たれた。

 国際社会で影響力を持つ主要国のうち、君主国は日本、イギリス、イタリアなど数カ国のみになってしまったのだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ