PR

ニュース プレミアム

大嫌いだった父、辰巳琢郎に「ありがとう」 ソプラノ歌手の辰巳真理恵が初の音楽アルバム

Messenger

泣いた父親

 その歌が「ありがとう」だ。琢郎の還暦を祝うパーティーで真理恵は、多くの関係者を前に披露した。歌と同時に、思い出の映像も映し出す趣向を凝らした。

 「パーティーに先んじて自宅でこの映像を見た父は号泣していました。ただ、当初は、私の幼い頃の写真や動画ばかりだったので『(真理恵の)結婚式ではないんだから』と、父の舞台の写真なども加えるよう注文をつけられました」と笑顔で振り返る。

 「昔は父の話題に触れられるのも嫌だったけれど、今は好きなことを続けられるのは両親のおかげだと思っています。父には本当に感謝しています」

 透き通るような澄んだ声を弾ませる。(文化部 竹中文)

 辰巳真理恵(たつみ・まりえ) 大阪府出身。日本女子大学付属高校時代、父で俳優の辰巳琢郎の出演するミュージカル「キャンディード」(宮本亜門演出)に感激して、医大志望から音大志望に変更。東京音楽大学(声楽専攻)卒業、同大学院修士課程や二期会オペラ研修所を修了。9月19日に初めての音楽アルバム「Ba,Be,Bi,Bo,Bu」発売。「ありがとう」のほか、ミュージカル「キャンディード」の劇中歌「着飾って浮かれましょ」や、テレビCMに使われた「すみれ」など全16曲。

 11月26日には、アルバムリリース記念のリサイタルを東京都港区のサントリーホール・ブルーローズ(小ホール)で開く。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ