PR

ニュース プレミアム

【大人の遠足】秋田・由利本荘市「鳥海山 木のおもちゃ美術館」親子で楽しめる遊び空間

Messenger

 教室では「マイ箸作り」のワークショップが開催されていた。「キッチンカフェKINO」では地元産の米をかまどで炊いたおにぎりや、うどんを地元のお母さんたちが調理する。

 由利本荘市在住の70歳代の女性は「孫を連れてきました。楽しかった」とニッコリ。8月のお盆休みには、帰省してきた子供や孫を連れて親子三代で遊びに来る家族が目立った。来館者数は平成30年度中の目標数2万5千人に早くも達し、9月下旬で約3万7千人。平均滞在時間は半日以上。「木のぬくもりと小学校の校舎への懐かしさから、多くの世代に親しまれている。ここではスマホを見ているる大人は少ないのです」と猪股健館長(66)は話す。

列車は1日2往復

 力を入れるのが「おもちゃ学芸員」の育成。多世代交流の拠点として、おもちゃの遊び方や魅力を伝えるボランティアで養成講座を随時開催。目標200人のところ、すでに100人が登録。首都圏在住者もあり、「来られるときに入ってもらっている」(猪股館長)。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ