PR

ニュース プレミアム

飲まずにはいれないジョージア料理 どデカい小籠包に半熟玉子のせトロけるチーズピザ

Messenger

 【酒呑み鉄子の世界鉄道旅 国鉄に乗るジョージア旅(3)】 温泉につかって冷えたビールをくいっという、日本人らしい楽しみ方を前回ご紹介したが、酒が止まらなくなるのがジョージア料理だ。「ユーラシア大陸のこんな先にどうして?」と思うほど、日本人好みの酒のアテ(というわけでもないそうだが…)が充実している。もしあなたが空腹時にこれを読んでいたら申し訳ないが、いくつかご紹介しよう。(写真・文/トラベルジャーナリスト 江藤詩文、取材協力:Grorgia National Tourism Administration

手前のビッグな小籠包がヒンカリ。中身の餡は季節や好みにより、きのこやチーズ、ベジタリアンなんかもあるが、なんと言っても肉がうまい
手前のビッグな小籠包がヒンカリ。中身の餡は季節や好みにより、きのこやチーズ、ベジタリアンなんかもあるが、なんと言っても肉がうまい

お酒、もう1杯!

 まずはジョージア人の国民食といわれる「ヒンカリ」。肉汁を閉じ込める形状から、便宜上「ジョージア版小籠包」と言われるが、その実体はまったく別物。小籠包といえば、皮が破れないようにそっと優しく扱わなければならない、ふるふるとした繊細さが特徴だが、ヒンカリにそんな気遣いは無用。大きなものなら子どものこぶしほどもあり、肉々しい食感を残したひき肉(羊、豚、牛)の餡が、厚い皮にしっかりと包まれている。その皮の上部、ねじった部分を豪快に手づかみして香ばしい皮をかじると、中からエキゾチックなスパイスの香りをまとった肉汁が一気にほとばしる。これをすすってビールやワインをごくり。

酪農が盛んで乳製品が豊富なジョージアでは、バターが安くてうまい。そんなバターをたっぷりのせた「ハチャプリ」はカロリー無視の禁断の味わい
酪農が盛んで乳製品が豊富なジョージアでは、バターが安くてうまい。そんなバターをたっぷりのせた「ハチャプリ」はカロリー無視の禁断の味わい

 もうひとつ、酒ドロボーな料理が「ハチャプリ」だ。これはハンドトスのナポリ風ピザを素朴にしたようなもの。形はピザのように平らで丸いものや写真のようなボート型など地方により変わり、具材は店や家庭によってさまざまだが、しっかりと小麦の香りのするぎゅっと凝縮した厚手の生地と、とろけるタイプの酸味のあるフレッシュチーズの組み合わせが基本になっている。なかでも人気はアジャリア地方のハチャプリで、なんとチーズにたまごを割り入れてオーブンで熱々に焼き上げ、食べる直前にパターをたっぷりのせて、それが金色に溶け出したところを一気に混ぜ合わせて頬張るのだ。お酒、もう1杯!

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ