PR

ニュース プレミアム

【おらがグルメ】群馬・板倉町 天然なまずのほっこり天ぷらに舌鼓

ナマズの天ぷらが入った「天然なまずセット」は1458円。ナマズの薄造りとたたき揚げも楽しめる
Messenger

 群馬県の最南端にある板倉町は利根川や渡良瀬川などに囲まれ、昔から日常的に川魚を食べてきた地域だ。川魚にうるさい食通も一目置くという「川魚・郷土旬菜 うおとし」では、ナマズ料理が楽しめる。

 「ナマズは生でも、揚げても、おいしい『万能選手』です!」

 熱く語る店長の荒山尚士(まさし)さん(43)に勧められ、「天然なまずセット」(1458円)を注文する。

 荒山さんにこれから調理するというナマズを見せてもらう。地元の漁師が捕ってきたといい、体長は約30センチ。黒くて、ぬめぬめした姿はまるで巨大なオタマジャクシだが、井戸水で1週間かけて泥抜きすると、臭みのないおいしいナマズに変身するという。

 まずは天ぷらをいただく。サックリと揚がった衣と、ほっこりとした白身で上品な味。さっき見たナマズとは信じられないおいしさだ。

 ナマズの薄造りは、しこしこした弾力と甘味があり、ヒラメに似た味と言うと褒めすぎか。肉を除いた頭や骨をたたいて豆腐とゴボウなどで練り込んだ、たたき揚げに舌鼓を打っていると、ビールがほしくなった。

 ナマズのおいしさに脱帽。ぜひお試しあれ。(前橋支局 橋爪一彦)

 メモ 「川魚・郷土旬菜 うおとし」は群馬県板倉町板倉903。(電)0276・82・0054。営業時間は午前11時から午後3時、午後5時から9時。火曜定休。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ