PR

ニュース プレミアム

【メディア会見録】9月(中)民放連会長「NHKは野放図な肥大化慎んで」

Messenger

「野放図な肥大化は慎んでいただきたい」

 【日本民間放送連盟会見、9月20日午後2時~】

 《テレビと同じ番組をインターネットで流すNHKの「常時同時配信」に絡み、総務省の有識者検討会が7月にまとめた報告書案で、容認の条件として「コンプライアンスや情報公開の確保、関連団体への業務委託の透明性の向上、受信料の見直しを進めること」を要望していることに対し、大久保好男会長(日本テレビ社長)が言及した》

 大久保会長「検討のボールは今はNHKにある。民放連としては、NHKの対応を伺ってから考え方を改めて整理する。これまで、民放連はNHKのネット活用業務の在り方について意見を述べてきた。主なものを挙げると、受信料財源で行われるNHKのネット活用業務が市場の競争を阻害しないようにする。実施費用を受信料収入の2・5%を上限とするとなっている現行の基準を堅持する。さらに区分経理で厳格に管理する必要があること-などをNHKに求めている。これらの点は特に重要なポイントだと考えている」

 大久保会長「ネット活用業務は、その展開によっては民放事業者だけでなく、新聞、通信に携わっている事業者とも競合関係になり得る分野で基本的には抑制的にやっていただきたい。かねてから、NHKの業務については民業を圧迫しないように、あるいは野放図な肥大化は慎んでいただきたいとずっと申し上げてきた。そうした基本的考え方の中で、指摘したようなポイントについて改めてお願いしたい」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ