PR

ニュース プレミアム

【政界徒然草】「まるで成長していない?」自民党総裁選、石破茂氏の名刺と首相の演説からみえる投票結果

その他の写真を見る(1/6枚)

 9月20日開票の自民党総裁選は、安倍晋三首相(64)が国会議員票(405票)で圧倒し、石破茂元幹事長(61)が党員・党友票(405票)で事前の予想を上回る善戦をしたと評される。しかし裏を返せば、石破氏は平成24年総裁選から国会議員票を減らし、首相は党員票で苦戦した。なぜか。両氏が議員の投票直前に配った名刺と、地方で行った演説を分析すると、理由の一端がみえてくる。

 開票前日の19日、首相と石破氏はそれぞれ、衆参両院の議員会館にある自民党議員の事務所を回り、名刺を配りながら支持を呼びかけた。

 両氏の名刺に目をこらすと、首相の名刺には「宜しく御願い致します」と手書きで添えられていたが、石破氏の名刺には手書きの文字はなかった。

 両氏を含め、5人が出馬した24年総裁選でも、候補者は同様に名刺を配り「最後のお願い」に繰り出した。実はこのときも、当時有力候補とされた石原伸晃元経済再生担当相(61)や首相の名刺には手書きメッセージがあったが、石破氏の名刺にはなかった。

 石破氏はこの総裁選で、党員票の55%を獲得し、第1回投票で首位を確保。しかし過半数には届かず、国会議員のみの決選投票で108票を得た首相が、89票の石破氏を上回り、逆転で当選を果たした。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ