PR

ニュース プレミアム

街のあちこちに「まるちゃん」 原作者死去、故郷の静岡・清水たどる

ちびまる子ちゃんランドでは、まるちゃんやたまちゃんと記念撮影できる=静岡市清水区(田中万紀撮影)
Messenger

 「ちびまる子ちゃん」の原作者、さくらももこさんが亡くなってから今月15日で1カ月が経過した。静岡市清水区出身で地元を愛したさくらさんは静岡市のPRにさまざまな形で貢献しており、街中のいたるところで愛らしいまるちゃんやクラスメートの姿を見つけることができる。老若男女に愛される「まるちゃん」を世に送り出したさくらさんへの感謝と追悼の思いを込めて、さくらさんが故郷に残した足跡をたどった。

 静岡鉄道(静岡市葵区)は「さくらももこさんありがとう。」と記された特別ヘッドマークを装着した「ちびまる子ちゃんラッピングトレイン(まるちゃん電車)」をお披露目。10月14日まで新静岡-新清水駅間を走行する。同社では「静岡の街をこよなく愛し、長きにわたり数々の素晴らしい作品を残した功績をたたえ、感謝の意を表します」とさくらさんをしのんだ。

 運行ダイヤは同社ホームページで確認できるので、まずはこの電車に乗って“まるちゃんの街”清水に足を運んでみる。

 清水の玄関口であるJR清水駅前では、さくらさんの手による「しずおかはいいねぇ。」というバナーと、階段の壁に描かれた三度笠をかぶったまるちゃんのイラストが迎えてくれる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ